1. HOME
  2. 活用事例
  3. 地中温度分布測定
文字サイズ変更
普通
大きい

地中温度分布測定

地中数100mまでボーリングされた温度計測管の中に光ファイバセンサケーブルを挿入し連続的に温度分布の測定を行います。
先端錘は水密構造のため長期間にわたり安定した測定が可能です。

地中温度分布測定内容

光センサケーブルは弊社にて予め温度計測用光ファイバセンサケーブルと先端部の取付を行い、温度校正を行った後、現地に搬入いたします。
なお、測定距離および被測定部の環境(口径、媒質等)により先端部形状と重量のカスタマイズを行います。

温度分布測定概念図

図:温度分布測定概念図

温度センサケーブル設置作業例

写真:温度センサーケーブル設置作業例

対象製品

写真:NK-OPTIS

光ファイバ自体を温度センサとして測定対象物の温度分布をリアルタイムに測定するシステムです。 測定対象物に沿って光ファイバを埋設するだけで、数千点の温度計に相当する温度分布データを簡単かつ低コストで得ることができます。

活用事例
輸送ベルトコンベアの火災検知(石炭、木材チップ等)
データセンター温度監視
高圧送電ケーブル地下トンネル火災検知
ホットスポット監視
車道・トンネル火災検知
高温蒸気配管漏洩検知
LNGタンク漏洩検知
地中温度分布測定
電力ケーブル温度監視
坑井の温度分布計測

お問い合わせ

Page up