1. HOME
  2. 活用事例
  3. 車道・トンネル火災検知
文字サイズ変更
普通
大きい

車道・トンネル火災検知

2007年11月、台湾台北市中心部にある台北市庁舎前の基隆路車道トンネル火災検知用としてNK-OPTIS(光ファイバ温度情報システム)の施工を完了しました。
トンネル長約700m、4車線の車道トンネルの天井部、高さ約5mに光ファイバセンサケーブル総長約3.5kmを敷設することによって、車道全域の火災を測定周期10秒で検知出来るシステムです。

写真:車道・トンネル火災検知

車道・トンネル火災検知概要

車道トンネル火災検知への光ファイバセンサの有効性については世界各国で認知されており、多くの導入例が報告されています。 通常の車によるトンネル火災の場合、発火点の天井部が2~3分以内に200℃レベルに上昇、3m/秒程度のトンネル内風速を想定しても100℃以上に上昇することが知られています。
光ファイバセンサ方式はトンネルのような長距離の温度分布監視に適していることと、トンネル天井部に光ファイバセンサケーブルを敷設しておけば、異常温度と異常温度上昇率を測定時間周期10秒で検知し、1~3mの距離分解能で位置検知を行い、確実に火災を検知いたします。

エヌケーシステム株式会社での実施例

2007年11月に完成した台北市基隆路車道トンネル火災検知

図:エヌケーシステム株式会社での実施例 図:エヌケーシステム株式会社での実施例

画像を拡大する

対象製品

写真:NK-OPTIS

光ファイバ自体を温度センサとして測定対象物の温度分布をリアルタイムに測定するシステムです。 測定対象物に沿って光ファイバを埋設するだけで、数千点の温度計に相当する温度分布データを簡単かつ低コストで得ることができます。

活用事例
輸送ベルトコンベアの火災検知(石炭、木材チップ等)
データセンター温度監視
高圧送電ケーブル地下トンネル火災検知
ホットスポット監視
車道・トンネル火災検知
高温蒸気配管漏洩検知
LNGタンク漏洩検知
地中温度分布測定
電力ケーブル温度監視
坑井の温度分布計測

お問い合わせ

Page up