1. HOME
  2. 活用事例
文字サイズ変更
普通
大きい

活用事例

写真:石炭輸送ベルトコンベアの火災検知

広範囲にわたる温度分布(位置と温度)を高速かつリアルタイムに監視できる光ファイバ温度監視方式を大規模プラントのベルトコンベアシステムに納入しました。

写真:データセンター温度監視

近年のデータセンターの需要拡大に伴いその規模も年々拡大する中でデータセンター運営の課題として消費電力の増大が挙げられます。 電力増加の要因としては、サーバの増設やサーバに対する高負荷に伴い、電源設備や空調設備も大型化しています。

写真:高圧送電ケーブル地下トンネル火災検知

2007年10月、台湾新竹市内変電所間、総長約600mの送電ケ-ブル用地下トンネルの火災検知システムとして、納入したNK-OPTIS(光ファイバ温度情報システム)の事例です。

図:ホットスポット監視

設備全体の詳細な温度分布をリアルタイムに計測・記録するため、全く新しい概念の運転や保全に関する情報を提供します。

写真:車道・トンネル火災検知

2007年11月、台北市中心部にある市庁舎前の基隆路車道トンネルの火災検知用として納入したNK-OPTIS(光ファイバ温度情報システム)事例です。

写真:高温蒸気配管漏洩検知

DTSは蒸気配管や高温装置からの高温流体の漏洩検知に最適なシステムを構築できます。

写真:LNGタンク漏洩検知

DTSは光ファイバがセンサとなるため、現場に電気配線がなく、本質安全が確保できます。

写真:地中温度分布測定

地中数100mまでボーリングされた温度計測管の中に光ファイバセンサケーブルを挿入し連続的に温度分布の測定を行います。

写真:電力ケーブル温度監視

機器の異常発熱や火災の検知だけでなく、送電線のAmpacityを正確に把握することが可能です。

写真:坑井の温度分布計測

DTSは長距離の温度分布を測定できるため、ボーリング坑井の温度分布測定に最適なシステムです。

活用事例
輸送ベルトコンベアの火災検知(石炭、木材チップ等)
データセンター温度監視
高圧送電ケーブル地下トンネル火災検知
ホットスポット監視
車道・トンネル火災検知
高温蒸気配管漏洩検知
LNGタンク漏洩検知
地中温度分布測定
電力ケーブル温度監視
坑井の温度分布計測

お問い合わせ

Page up