1. HOME
  2. 技術資料
文字サイズ変更
普通
大きい

技術資料

市販モデルにおける測定時間と温度分解能の一例をグラフにてご紹介しております。

測定時間と温度分解能の関係

空間識別能力を定量化するためサンプリング間隔:0.5mでの最小加熱長、距離応答性をご紹介しております。

距離応答性・最小加熱長

最長12kmまで100m毎に詳細に測定することができ、地中送電線温度分布計測例データをご紹介しております。

地中送電線温度分布計測例データ

DTSは一本の光ファイバで広範囲の温度分布を計測するため、理想的な火災検知センサとなります。

火災検知実験

技術資料
測定時間と温度分解能の関係
距離応答性・最小加熱長
地中送電線温度分布計測例データ
火災検知実験

お問い合わせ

Page up