1. HOME
  2. 技術資料
  3. 火災検知実験
文字サイズ変更
普通
大きい

火災検知実験

火災検知実験

実験条件

実験場所 消防研究所内実験場(24m×24m×20m)
光ファイバ GI 50/125(φ1.8/1.2金属管入り)
光ファイバ長 全長約400m
測定周期 約11秒
熱源寸法 直径80cm・高さ30cm
熱源燃料 灯油

実験状況

壁面光ファイバ

写真:壁面光ファイバ

床面光ファイバ

写真:床面光ファイバ

構成図

側面図

図:側面図

平面図

図:平面図

実験結果

測定データ : 光ファイバ全長の温度分布

表:測定データ:光ファイバ全長の温度分布

測定データ : 火皿上7.5m水平光ファイバの温度分布の変化

表:測定データ:火皿上7.5m水平光ファイバの温度分布の変化

表:測定データ:火皿上7.5m水平光ファイバの温度分布の変化

対象製品

写真:NK-OPTIS

光ファイバ自体を温度センサとして測定対象物の温度分布をリアルタイムに測定するシステムです。 測定対象物に沿って光ファイバを埋設するだけで、数千点の温度計に相当する温度分布データを簡単かつ低コストで得ることができます。

技術資料
測定時間と温度分解能の関係
距離応答性・最小加熱長
地中送電線温度分布計測例データ
火災検知実験

お問い合わせ

Page up