1. HOME
  2. 活用事例
  3. 輸送ベルトコンベアの火災検知(石炭、木材チップ等)
文字サイズ変更
普通
大きい

輸送ベルトコンベアの火災検知(石炭、木材チップ等)

従来、製鉄所の高炉へのコークス輸送用ベルトコンベアシステムや製紙会社の木材チップ輸送用ベルトコンベアシステム等では、主に火防線(熱感知線)が火災検知用に使用されてきました。しかし、近年の技術革新にともない、これに代わるものとして、より高速かつ、リアルタイムに、広範囲にわたる温度分布(位置と温度)を本質安全に監視できるといった、火防線にはない特長をもつ光ファイバ温度監視方式をベルトコンベアシステムに導入する動きが活発化してきております。

光センサの有効設置位置図

写真:光センサ配置図/コンベアの写真

光ファイバ方式によるベルトコンベア火災検知の特長

主な発火の要因例 光センサの有効設置位置
1.滑車軸受けの故障又は、老朽化により軸受部が固着し、内輪との摩擦熱で石炭塵が発火、ベルトコンベアに延焼する。 付図C1,C2及び、軸受部にポイントプローブを設置
2.排出高温塊炭が送炭中にベルトコンベア下の堆積粉上に落下し、堆積粉が発火、ベルトコンベアに延焼する。 付図D,C1,C2
3.搬送用ベルトコンベアの長時間停止により、未消火の灼熱コークスがあるとベルトコンベアに着火する。 付図A,B1,B2
4.搬送中の高温塊炭が何らかの原因によりベルトコンベア上で発火する。 付図A,B1,B2

図:システム図

対象製品

写真:NK-OPTIS

光ファイバ自体を温度センサとして測定対象物の温度分布をリアルタイムに測定するシステムです。

写真:光ファイバポイントプローブ

一本の光ファイバで、数百点の温度を計測可能。 低コスト、簡単な工事で広域温度監視を実現します。

活用事例
輸送ベルトコンベアの火災検知(石炭、木材チップ等)
データセンター温度監視
高圧送電ケーブル地下トンネル火災検知
ホットスポット監視
車道・トンネル火災検知
高温蒸気配管漏洩検知
LNGタンク漏洩検知
地中温度分布測定
電力ケーブル温度監視
坑井の温度分布計測

お問い合わせ

Page up