1. HOME
  2. 活用事例
  3. データセンター温度監視
文字サイズ変更
普通
大きい

データセンター温度監視

近年のデータセンターの需要拡大に伴いその規模も年々拡大する中でデータセンター運営の課題として消費電力の増大が挙げられます。
電力増加の要因としては、サーバの増設やサーバに対する高負荷に伴い、電源設備や空調設備も大型化しています。
地球温暖化対策が広く求められている現在、データセンター等の省エネ対策は今後重要となっています。
現在省エネ対策の一環として光ファイバを用いたNK-OPTISによる環境負荷測定への活用がなされています。
専用センサ(図1)を使用することで既存のサーバーラックへの導入も容易に行えます。

データセンターにおける主な発熱・消費電力・空調設計等の課題

図:データセンター例

データセンター例

  1. 高発熱に対する空調消費エネルギーの増大
  2. サーバ室内のホットスポット発熱
  3. フリーアクセスフロア内ケーブルの狭隘による風量のばらつき
  4. サーバラックスペースの狭隘化による気流搬送の阻害によるホットスポットの発生
  5. 必要空調能力増大による空調機器設置スペースの不足

写真:シートセンサ例

図1:シートセンサ例

写真:建屋内温度監視例

建屋内温度監視例

対象製品

写真:NK-OPTIS

光ファイバ自体を温度センサとして測定対象物の温度分布をリアルタイムに測定するシステムです。 測定対象物に沿って光ファイバを埋設するだけで、数千点の温度計に相当する温度分布データを簡単かつ低コストで得ることができます。

活用事例
輸送ベルトコンベアの火災検知(石炭、木材チップ等)
データセンター温度監視
高圧送電ケーブル地下トンネル火災検知
ホットスポット監視
車道・トンネル火災検知
高温蒸気配管漏洩検知
LNGタンク漏洩検知
地中温度分布測定
電力ケーブル温度監視
坑井の温度分布計測

お問い合わせ

Page up