1. HOME
  2. 活用事例
  3. LNGタンク漏洩検知
文字サイズ変更
普通
大きい

LNGタンクの漏洩検知

DTSは光ファイバがセンサとなるため、現場に電気配線がなく、本質安全が確保できます。

写真:LNGタンクの漏洩検知

図:LNGタンクの漏洩検知

温度監視用光ファイバには低温でロスの増加しない特殊仕様品をご提供しております。

主な特徴

漏洩検知

タンク周囲の環状部分に光ファイバを敷設することにより、万一のLNG漏洩時の温度低下を検出し、警報を出力します。

基礎温度分布監視

タンク基礎に光ファイバを埋設すれば、正確な温度分布が測定でき、地盤の凍結防止や保温ヒータの制御に有効です。

対象製品

写真:NK-OPTIS

光ファイバ自体を温度センサとして測定対象物の温度分布をリアルタイムに測定するシステムです。 測定対象物に沿って光ファイバを埋設するだけで、数千点の温度計に相当する温度分布データを簡単かつ低コストで得ることができます。

活用事例
輸送ベルトコンベアの火災検知(石炭、木材チップ等)
データセンター温度監視
高圧送電ケーブル地下トンネル火災検知
ホットスポット監視
車道・トンネル火災検知
高温蒸気配管漏洩検知
LNGタンク漏洩検知
地中温度分布測定
電力ケーブル温度監視
坑井の温度分布計測

お問い合わせ

Page up